top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

みんなで詩を書こう 「生きるということ」


谷川 俊太郎さんの「生きるということ」 先日の新聞で、ご本人は特別好きでもないということを知り、ちょっとショックでしたが。   でも、子供たちは好きなんですよね、この詩が。 随分前に作った詩です。 自分が生きてるなぁと思う事を、一行で書きます。 これと思うものをみんなで選び、順番を考えます。 子どもの時だからこそ感じられる、生きることの高揚感と切なさ。 大人の人に贈りたいような詩ができました。 2年生の時に作った詩です。 6年生になった今、彼らはどんな生を感じているのでしょうか? また、一緒に書いてみようと思います。 「生きるということ 」春桜(グループ名) 生きるということ それは、1日1日が過ぎて行くということ もうちょっと寝たいときや 鼻が詰まって苦しいとき そして、抜けた歯をビンに入れたとき ぼくは生きていると思う 今日は妹にお菓子を分けてあげたよ がんばった そしたらお母さんと2人だけ、内緒のお買い物 うれしかった 今日、僕のインコが頭にのった。 くすぐったかった でもかわいかった 夜はね、鹿の眼が緑に光るんだよ すこしこわいけど、きれいなの 生きるということ それは、たぶん 大切な人が亡くなるということ ぼくはそう思う



公開日:2018年09月14日(金)

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page