top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

六本松入塾体験会


9月15日の六本松体験ワークショップ 小学生(2〜4年)7名  幼稚園児4名のお子さんが参加して下さいました。 漢字や絵本など、色々な形で「こくご」を遊んだ後 自分の意見を的確に述べる練習(後日掲載します) そして最後に今日のメインテーマ 「凝縮された言葉の深みを知る」 をじっくりと時間をかけて行いました。 宮若市特産の葡萄を 見て、触って、食べて 感じたこと、考えたことを短くも奥の深い言葉に変換します。 自分の感覚を自身の言葉で上手く表現出来た時って、とても嬉しいものです。 言葉を紡ぎ出す喜びを体験します。 どんな味?  何を思い出す?何に似てる? などと質問を重ねながら、思いつくままに書いてもらい、相談しながらまとめていきます。 素敵な「ひとこと」が出来たので 私の感想も交えてご紹介します。

哲学的ですらあります。 漆黒でも紫でも緑でもない、深みを体験する事で発せられた言葉。

丸茄子の可愛さと葡萄が重なったそうです。 カタカナかひらがなかにもこだわって。 素直さの中にもユーモアのセンスが光ります。

雨粒と甘いのかかり具合が素敵です。 ブドウ大好き!と聞こえてきそうな作品です。 字数の関係で、残り4作品は次回掲載予定です。 お楽しみに!


公開日:2019年09月16日(月)


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page