top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

反対語カルタ もう一つの遊び方


これはほんの一部ですが、このような熟語を使いババ抜きをします。 反対語、類義語はこちらの方がカルタ取りより早く覚えるようです。 ペアのものなので、何度も組み合せる事で自然と身についていくのでしょうね。 やり方は通常通り。 ババの代わりに1枚抜いてから配ります。 勝つ為には、組み合わせを覚えていなければいけませんので、死活問題です。 かなりの集中力で覚えるのでしょうね。 3回程のゲームでほぼマスターしたのには私も驚きました。 意味が分かっていなくても、楽しんで身につけておけば、言語に対する抵抗感はぐんと減るようです。 ババ抜きだと実力だけでなく、運も味方につけなくてはいけませんので、小さい子にもチャンスが広がります。 カルタとは違った味わいがありますね。

公開日:2019年06月07日(金)

閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page