top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

学芸員になって、展示品を説明しよう


使用したのは、私が博多人形師さんからもらった、干支(巳)の置物です。 これを、あたかも国宝級の工芸品のように書きましょうと伝えます。 発見された経緯、実物の形状や特徴、用途言い伝え、など、内容を示唆すると、楽しそうに書き始めます。 想像力、フル回転ですね。 ちゃんとしないといけないから、と習っていない漢字も積極的に書きたがります。 最後に名前を付けたらできあがり! 桃白鈴(とうはくりん   と読むらしい) 皆さんの想像通りの置物でしたか?


(井尻教室)


公開日:2018年07月30日(月)

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page