top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

編み物教室と作文


編み物の先生に来ていただき、コースターを作り、作文を書きました。 慣れていくに従い、手付きもしっかりしてきます。

面倒くさいと言っていた男子が、2つ目からは無言で1時間集中。 これが体験教室の醍醐味。 何にハマるか、本人にも分からない。 体験する事の大切さを感じます。 次は作文の書き出し部分を考えます。 私は、初めに、書きたいという心にしていく作業が1番大切だと思っています。 だから、みんなでたくさん話して、伝えたいことをまとめていきます。 気持ちが高まって、できた作文がこちら。


まだ下書きなので、途中なのですが、ここまでくればあと一息。 通り一遍ではない、伝えたい事がはっきりした素敵な作文になっています。 次回は、まとめの部分を勉強する予定。 編み物からここまで3時間、よく頑張りました。 ゲーム以外に集中出来るものがうちの子にあったというお母さんの声も。 そうなんです。あるんです。 次回は野鳥観察。 今度は集中というより、夢中になる体験活動にしたいです。



公開日:2018年12月28日(金)

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page