top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

詩を作ろう


創作する前に、有名な詩でたくさん遊びます。 入る言葉を当てたり、連や行の入れ替えをしたり。 その過程の中で、作者がどれだけ言葉を大切に扱っているのかを感じてもらいます。 すると、比喩や倒置といった専門用語を教えなくても、自然とそのような表現になっていきます。 心と言葉が繋がっていきます。 上の詩は、鳥が大好きな男の子。 この詩は、女の子が、綿毛になりきって。

自然がいっぱいの、宮若ならではの作品です。 思い入れが、作品に優しさを与えています。



公開日:2018年08月12日(日)

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page