top of page
  • 執筆者の写真麻美 木村

面白怖い漢字の文章


前回に引き続き、漢字のお話を。 今回は読んで、書いて、最後は楽しい漢字の文を作成しました。 以前、随分苦労して、一学年分の漢字を使って沢山の文を作りました。 しかし、限定された漢字で作るため、その作業は困難を極め、だんだんとてつもない文になってしまいました。

「命の母」って…   子ども知らんし 「板井 実くん」って  …    最後は名前で誤魔化しとるし 変な文だと文句を言われながらも、早読みチャンピオンを決めようと提案すると、早速乗り気に。 1番速い人、自己ベストを出した人など、勝負のやり方は様々です。 次は速書きチャンピオン。 最初、このやり方は、子供達が焦ってめちゃくちゃに書いて、学習にならないのでは?と思ったりもしたのですが、杞憂でした。 子どもたは、フェアプレー精神のもと、きっちりと書いていきます。 真剣な表情で。

顔が見えないのが残念です。 でも、最後はやっぱり自分たちで傑作を作ろうという事になり、文章作りをさっさと始めてしまいました。 面白怖い 子どもの文を一人一文紹介します。 ◎  クラス全員、世界の酒にはまっている ◎  静かに友達の席に座る ◎  勉強がきらいな宮崎君を放ってはおけない ◎  一万円もらって、早く帰りたい ◎  胃が太くなったから、健康診断を受けた 大笑いしました。 次回は、これを使っての漢字テストをします。



公開日:2018年08月23日(木)

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page